起源

1903

Delfino Tallia 社の工場がイタリアのストローナに建設され、高級服地事業が誕生。

1921

初代オーナーの息子が、織物の貿易を専門とする会社FRATELLI TALLIA DI DELFINO を設立。

1929

梳毛製造を行う新会社を設立。

1933

2つの部門が合併することで、市場をリードすることになるウール織物メーカーが誕生。

産業化

60年代

経済成長に伴い、既製服業界に参入。その大部分を仕立て市場向けに、特に有名なイタリアのアトリエへ商品を提供。

スタイルシンボル

著名人によるバックアップ

Tallia di Delfino が作る織物のクオリティは、俳優のカルロ・ダッポルトやアルベルト・ルーポ、さらに自転車選手のファウスト・コッピやヴィットリオ・アドルニなど、ブランドを支持する当時の各界で活躍するVIP から注目を集める。

雑誌

70年代

研究開発部から、雑誌[Men's Line] が発表され、すぐにイタリアの仕立て屋にとって重要なバイブルとなる。

2008

MARZOTTO グループ

Tallia di Delfino は、ヨーロッパ最大の織物グループであるMARZOTTO グループに加入。これにより、ウールの世界的リーダーの強みとネットワークと伝統的価値、そしてブランドの卓越さの融合を実現。

2011

24K

FRATELLI TALLIA DI DELFINO と織物用の金加工を専門とするPiana Clerico の共同研究と共同開発により、最高級ウールと24 金を混合したジュエリーコレクション24K が誕生。この新シリーズの成功により、Tallia di Delfino の高級分野におけるポジションが確立。

2011

イタリアの素晴らしさ

「細部にまでこだわった製造プロセスこそが完璧を作り出す」この完璧さが同社のスタイルを確立し、全世界で「メイド・イン・イタリー」らしいスタイルを代表するブランドとして成長。その起源を尊重し、これまでの経験からインスピレーションを受けることで、Tallia di Delfino の品質は常に変化を遂げ、まだ見ぬ成功を目指し、進化し続けます。一生懸命走ってきましたが、私たちの道に終わりはありません。目標を常に上に置き、自分自身の可能性に挑戦します。卓越さに頂点はありません。この道のりは、ただ永遠に続く旅の一部でしかないのです。

2013

受賞

The Woolmark Company とのコラボにより、FRATELLI TALLIA DI DELFINO は、第二回「Fabric N.1 Award」を獲得。サックス・フィフス・アベニューから優れた品質の織物メーカーに贈られる名誉ある賞を受賞しました。

2019

ジェントルマンワードローブ

ジェントルマンワードローブサービスは、Tallia di Delfino の高品質織物を、少量から、短期間でお届けできるオンライン注文サービスです。